火災保険の見直し方法

過去に20万円未満の損害があったが、保険金(共済金)の支払対象とならなかった。

最近の火災保険は補償の対象が広がっています。風災・水災の補償を選択することで台風、水害、雪などの自然災害を補償することができます。 また、自然災害の他に、盗難・水道管の漏水等への備えもすることができます。

自然災害(風災・水災・雪災等)への備え

「火災保険」はその名前から「火災による損害のみを補償する」とイメージされている方が多いかもしれません。 しかし、現在の多くの火災保険は、火災による損害だけではなく、強風、大雪などの「風災」、大雨による「水災」などの自然災害などを補償することができます。

強風による損害 大雨による損害 雪による損害

東京海上日動の「トータルアシスト住まいの保険」では、風災・水災(※1)の場合も、損害額100%を補償の対象とし、 損害額全額を保険金としてお支払いします(支払限度額(保険金額)を上限とします)。 保険金をお支払する際に、免責金額(自己負担額)ゼロ(※2)でお支払いすることも可能です。

なお、地震に関する損害の補償は火災保険とあわせて、地震保険に加入する必要があります。詳しくは地震保険に関する説明をご覧ください。

(※1) 水災リスクは、床上浸水、地盤面より45cmを超える浸水、または水災による損害割合が30%以上の場合による損害を補償します。
(※2) リスク共通免責金額(自己負担額)を0円に設定した場合。ただし、破損等リスクのみ免責金額(自己負担額)が5千円となります。

盗難・水道管の漏水等への備え

火災、自然災害(風災・水災・雪災等)だけでなく、盗難や水道管老朽化による漏水等による「水濡れ(※3)」も補償することができます。

盗難による損害 水道管の漏水による損害

東京海上日動の「トータルアシスト住まいの保険」では、盗難・水道管の漏水の場合も補償の対象とし、 保険金をお支払いします。保険金をお支払する際に、免責金額(自己負担額)ゼロ(※4)でお支払いすることも可能です。

(※3) 水濡れは給排水設備に生じた事故による水濡れ、または他の戸室で生じた事故による水濡れをいいます。
(※4) リスク共通免責金額(自己負担額)を0円に設定した場合。ただし、破損等リスクのみ免責金額(自己負担額)が5千円となります。
証券を見たけど、やっぱりわからない…という皆様、ぜひご相談、お見積もりをご検討ください。
かんたんお見積もり。保険証券を0120-102-487にFAXでお見積もり。
現在ご加入の保険証券のコピーをご用意いただき、証券の余白または白紙の用紙にご連絡先(お名前、住所、電話番号、メールアドレス)をご記入の上、 上記にFAXをお願いします。FAX受け取り後、見積もり作成のため、ご連絡をさしあげます。
保険証券なしで、お見積もりのご依頼をする場合はこちら