火災保険の見直し方法

複数の火災保険(共済)に加入している。

複数の火災保険(共済)に加入し、補償のダブりがあった場合、ダブりのある部分の保険金(共済金)は支払われないケースがあります。 また、ご自宅や家財に適正な価値以上の過大な補償(保険金額)を設定しても、過大な部分の保険金(共済金)は支払われず、 掛け金が無駄となるケースがあります。

過大な補償(保険金額)の例

また、補償の必要な物件に対して、補償のダブりだけでなく、必要な補償がついていない(補償漏れ)の可能性があります。 その場合もご契約内容を見直す必要があります。

証券を見たけど、やっぱりわからない…という皆様、ぜひご相談、お見積もりをご検討ください。
かんたんお見積もり。保険証券を0120-102-487にFAXでお見積もり。
現在ご加入の保険証券のコピーをご用意いただき、証券の余白または白紙の用紙にご連絡先(お名前、住所、電話番号、メールアドレス)をご記入の上、 上記にFAXをお願いします。FAX受け取り後、見積もり作成のため、ご連絡をさしあげます。
保険証券なしで、お見積もりのご依頼をする場合はこちら